新聞折込広告は、新聞を使った広告媒体ですが、新聞の紙面広告とは違った特性 があります。新聞紙面広告は、知名度UPや信頼性UPなど社会的認知度をUPするのに大きな力を発揮します。それに対し、新聞折込広告は、商品やサービスに対する関心や他の商品との比較、さらには、商品購入までに大きな力を発揮します。ここでは新聞折込広告ならではの6つの特性と曜日別の特性をご紹介いたします。

お店の商圏や告知したいエリアへの配布及び細かなエリアや折込日が選定できます。

予算に応じて配布エリアや枚数を選べるので、低予算かつ効率的です。

商品特性やイベント内容の詳細も分かり易く、インパクトもあり、 即時の集客や消費行動に繋がり、速やかな効果が期待できます。

新聞と一緒にお茶の間まで届くため、信頼性も高く注目されます。

ご家庭のテーブルの上などにしばらく置かれ、その間ずっと宣伝効果を発揮いたします。 また、商品やイベントなどの情報として保存され購買時などにも持参されます。

折込広告は企画から制作、配布に至るまでが短期間で行うことができ、 出稿までの所要日数等で小まわりが利きます。また、新聞休刊日を除けば折込日を自由に設定でき、 しかも広告枠の制限がないので、急な出稿にも柔軟に対応が可能です。

学習塾・保険・旅行など
*折込枚数が少ないので目立ちます。

スーパー・ドラッグストアなど
*主婦層がメインターゲットで、平日のお客様向けの
  セールチラシが多いです。

ホームセンター・衣料・通販など
*平日のお客様をねらう業種が折込む。
*火曜日同様スーパーやドラッグストアなどセール
  チラシも多いです。

外食・エステ・美容院など
*早めに週末の行動計画をたてられるのでイベント告知等にもオススメです。

住宅・自動車・イベント告知など
*週末の休日に出かける予定をたてやすい。
*様々な業種が折込み、折込枚数も多いです。

家電・ハウスメーカーなど
*折込枚数が最も多い曜日。
*休日の家庭が多いので高額商品など家族で相談して
  購入する商品を扱う業種にオススメです。

求人情報など
*折込枚数は少ない。
*休日なので求人情報をじっくり読めるため、求人関連の
  チラシが多いです。

※上記傾向は、曜日毎の傾向ではありますが、商品・業界の特性・狙っているターゲットによって、折込曜日は変わってきます。