現在、新聞発行部数の最も権威のある数字は、「ABC(新聞雑誌部数公査機構)調査部数」です。 この数字には駅売り・コンビニエンスストア扱い・官公庁・ホテル・病院等々の部数も含まれます。
弊社では、クライアント様の立場に立ち、新聞折込広告は家庭の茶の間で見ていただくことが最も効果的であると考え、折込必要枚数=各家庭への配達枚数とし、山梨県下新聞販売店様のご協力のもと、年次改めて正確性を期しております。
 山梨県下全新聞販売店様が扱う新聞折込広告の必要枚数は275,500枚(ABC調査部数の96.1%)となっております。
 弊社は、消費者利益に反する問題広告の排除と共に、クライアント様の利益に貢献すべく努力を重ね、新聞折込広告のステータス向上に尚一層努めてまいります。

 ※申込書類は、コチラよりダウンロードをお願いいたします。